ミミちゃん経過報告

おそらく捨てられて右後ろ脚を骨折していたところをくろみー&あこや夫妻に保護された黒猫ミミちゃんについて

おうちに慣れてきたミミちゃん

f:id:Akoya:20180920165306j:plain
家にだいぶ慣れてきたのか、日中トイレに行くとき以外も台所の隅から出てくるようになりました。
これはリビングのカーペットの上です。自分からここまで撫でられに来るようになりました。
しかししっぽが本当に短いですね。この写真で見ると無いみたいです。
レントゲンで見てもしっぽの骨は2つくらいしかなくて、肉がつくとかろうじてしっぽのような突起があるという程度です。
それもチャームポイントですが、この調子でおうちに慣れて甘えてほしいなぁと思います。

エリザベスカラーとごはん皿問題

ミミちゃんは手術後、傷跡を舐めないようにエリザベスカラーをつけています。
エリザベスカラーが邪魔になるせいで床に置いたお皿からはごはんを食べれないし、せっかく買ったビュアクリスタルからも水が飲めません。
そんなわけでごはん皿について試行錯誤していました。

f:id:Akoya:20180912202815j:plain
退院直後です。下が重いグラスの上にお茶碗を置いてみたけどグラスごと倒すのでだめでした。

f:id:Akoya:20180913102044j:plain
5日ほど前かな。
お菓子の缶に湯呑を入れ、お茶碗を置いてみたら、上のお茶碗をエリザベスカラーでひっくり返すのでだめでした。
100円ショップで買った滑り止めマットを敷いたりしたのですがなかなかうまくいかない。

f:id:Akoya:20180919190330j:plain
結局こちらを買いました。

猫用の雑貨を作っている猫壱というメーカー製のフードボウルです。高さが欲しかったのでLサイズを買いました。
1000円ちょっとしましたが、脚と皿がくっついているので皿をひっくり返すこともないし、安定感があるので倒すこともありません(それでも念のために滑り止めマットを下に敷いています)。
普段は水を入れて、ごはんのときだけキャットフードを入れています。
お水もちゃんと飲んでくれます。良かった!

エリザベスカラーはまだまだ外せなさそうですし、この皿は首に負担もかからなさそうなので今後も使っていこうと思います。

手術痕の抜糸をしました

f:id:Akoya:20180918143637j:plain
これは昨日9月18日のミミちゃんです。夫のくろみーがカメラで撮影しました。
だいぶうちに慣れてきたのか、16日頃から昼も部屋の中を動くようになりました。
とっても甘えん坊で撫でられるのが大好きです。

今日で退院してから一週間となり、先程病院に連れていきました。
病院で体重を測ると3.05kgでした。食欲がとてもあり、少し大きくなったようです。

手術後の経過も良いということで、手術痕の抜糸をしてもらいました。
ミミちゃんを3人がかりで取り押さえたのですが、ミミちゃんはおとなしい子なので大暴れはしませんでした。
保護した直後にも打ってもらったコンベニア注という抗生物質を今日も打ってもらい、受診は終了です。

保護してから2週間経ちました。
ミミちゃんはおとなしくて家の中で鳴くこともないのでとても助かっていますし、だいぶ慣れたのか甘えてきます。
早くエリザベスカラーが取れるといいなぁと思うのですが、今後骨を固定しているピンを抜いたりするのでまだまだのようです。

退院後のミミちゃんと年齢の推定

f:id:Akoya:20180914210843j:plain
伸びているミミちゃんです。ミミちゃんのしっぽはうさぎのしっぽのようにとっても短くて、ボブテイルというらしいです。

ミミちゃんが退院して今日で5日目です。
昨日は妹たちが遊びに来てミミちゃんをかわいがってくれました。

私が長時間外出したりしても家の中の定位置である台所の隅でおとなしくしているので安心して外出できますし、鳴くこともないのでとてもいい子です。
お医者さんからは安静にと言われていますが、ケージの中にはいなくても基本的に台所の隅から動かず安静にしています。
排泄も、おしっこは毎日2~3回していますし、まだ脚に力を入れづらいようで2~3日に一度ですがうんちも定期的にしています。
動くときは脚をかばっていますが、このままちゃんと骨がくっついてほしいなぁと思います。

ミミちゃんは小さい女の子です。
最初は1歳過ぎぐらいかなぁと思っていたのですが、ミミちゃんの特徴を見ているうちに、もしかしたら1歳未満の今年生まれた猫なのかもしれないと思うようになりました。
まず毛がとても柔らかいんですよね。ふわふわです。毛質もありますが、成猫の毛はもう少し硬いような気がします。
口の中もとてもきれいです。甘えん坊で、ずっと撫でていても嫌になったりしません。

twitter.comTwitterのこの猫ちゃんがすごくミミちゃんと似ていて、4月生まれらしいので、ミミちゃんも今年の春に生まれた猫なのかもしれないなと思うようになりました。

そんな小さな猫が2ヶ月も外にいたことが不憫で不憫で、うちで保護してよかったなぁと思うようになりました。
安全な場所ですくすく成長してほしいなぁと思っています。

退院とソフトケージ

9月12日の午後、ミミちゃんは病院を退院しました。
午前中に動物病院に電話してかかった費用を聞き、銀行でお金をおろして、午後ミミちゃんを迎えに行きました。

手術と入院にかかった費用は99,144円でした。
いきなりぽんと出すにはだいぶ高い金額ですが、先生の話を聞いて10万円オーバーを覚悟していたので、思ったよりかからなかったな、というのが第一印象でした。
また、前日にわかったミミちゃんの骨折日も先生に報告しました。

病院では、先に内金として払った1万円を引いた額を支払い、エリザベスカラーを新しいものに交換してもらって、来たときと同じように洗濯ネットとレジャーシートバッグの中に入ってもらい帰宅しました。

猫用のキャリーケース、欲しいとは思っているんですが、住んでいる場所の都合、それで移動することが難しいのでまだ買っていません(察してください)。
ミミちゃんのためにも今年度中の引っ越しを考えています。

f:id:Akoya:20180912160744j:plain
f:id:Akoya:20180912160821j:plain
自宅に帰ってきたミミちゃんはこんな感じでソフトケージの中に収まりました。手術後で脚を動かしたくないらしく、その日はおとなしくケージの中で過ごしていました。

ソフトケージはこれです。当初は普通の金網のケージを買おうかなとも思っていたのですが、平らなところで生活したほうがいいこと、大きなケージがあっても怪我が治ったら必要なくなるかもしれないことなどを考え、折りたたみ式のこちらを買いました。
もし災害等で避難しなければならないときもこういうのがあったほうが便利らしいので、買ってよかったかなと思います。

また、猫用自動給水器としてこちらを買ったのですが、興味を示していたもののエリザベスカラーが邪魔してここからうまく水を飲めなかったので、泣く泣く元の器に戻しました。エリザベスカラーが取れたらピュアクリスタルから水を飲んでもらおうと思います。

おとなしくていい子だな、と思って私と夫は就寝したのですが、私は2時間半寝れませんでした。
というのは、ミミちゃんは電気が消えて私達が見えなくなった途端、猫用トイレの中で病院で我慢していたうんちをいっぱい出し、ケージから出ようと動き出し、ケージの中で水の器を2回も倒したからです。
仕方なくケージを開けてリビング内に出れるようにしたら、夫のPCデスクの下に潜り込んでいました。手術前によく乗っかっていた古いデスクトップPCの筐体には登れなかったようです。
ひとまず、上下移動は出来ないように部屋の中を整えて、やっと私も寝ることが出来たのでした。

9月11日の面会と骨折日の発覚

ミミちゃんは9月12日の午後に退院することになったので、その間にいろいろと必要なものを揃えました。
手術後は安静にする必要があるということでソフトケージを買ったり、自動給水器を買ったり猫ベッドを買ったりトイレを買ったりしました。

f:id:Akoya:20180911154730j:plain
f:id:Akoya:20180911154402j:plain
これは9月11日に面会に行ったときのミミちゃんです。食欲もあるし排泄もしているということで安心しました。

ミミちゃんに面会したあと、ミミちゃんを保護した場所のすぐそばにある、夫がよく野良猫の写真を撮影している公園に行きました。
公園の野良猫をかわいがっている皆さんが通りがかったら報告しようと、野良猫を触りながら待機していました。

ちょうど知り合いの方が通りかかったのでミミちゃんを保護したことを報告したところ、ミミちゃんは9月2日の時点で怪我した脚をぷらぷらさせていた事がわかりました。
その方は1歳のお子さんがいる方で、いつもお子さんと一緒に公園の付近を散歩しています。怪我したミミちゃんを見かけた直後にお子さんが病気になって手が離せなくなり、ミミちゃんのことをずっと心配していたらしく、私が保護したと伝えたらすごく感謝されました。
もう一人の猫をかわいがっている方にも報告したら安心したようでやはり感謝されました。

ミミちゃんは7月からいつも同じ場所にいて、首輪をしていて人馴れしている子なので皆さんに可愛がられていました。私が9月6日から保護していたので、足を怪我したのにいなくなったと皆さん心配していたようです。
怪我をしているところを見ていてもたってもいられなくなって衝動的に保護したのですが、保護して本当に良かったと思いました。

そんなわけで、ローカルなネットワークでミミちゃんが骨折した日がわかり、獣医さんの怪我してから1週間程度経っているかもという見立てとも一致したのでいろいろ収穫があった日でした。

ミミちゃんへの贈り物のお礼

ミミちゃんの手術の日の朝、捨てられたと思われる足を骨折した黒猫を保護していること、警察や動物愛護センターには届けたものの元の飼い主が見つからなければ家で責任持って飼うこと、骨折の手術に10万円前後かかることをツイートし、Amazonほしい物リストにキャットフードやトイレ砂などを入れて公開しました。



その結果たくさんの心優しい方からキャットフードやおやつ、トイレ砂、爪とぎなどをお送りいただきました。
キャットフードはまじでめちゃくちゃいっぱい届いたのでミミちゃんは当分食べるものに困らないと思います。本当にありがとうございます!

f:id:Akoya:20180914131038j:plain
f:id:Akoya:20180914131830j:plain
届いたものは部屋の片隅に積み上げているのですがキャットフードのシーバが30箱以上あります……! トイレ砂は早速使ってます。チャオちゅーるも20本入りが10袋あるので200本あります。
退院したあとはチャオちゅーるを入れているカゴの隣、台所の隅っこが好きなようで、一日中そこで安静にしています。

ミミちゃんはたぶん1歳前後の女の子なのですが、骨折していても食欲だけは旺盛なので、もりもり食べて脚も治してほしいなと思っています。

改めて、ミミちゃんに贈り物をしてくれた方、本当にありがとうございました!